Homemade Smile

株式会社フレッシュネスは、素材や手づくりにこだわった「FRESHNESS BURGER(フレッシュネスバーガー)」、新しくオープンしたカフェダイニング「Crown House(クラウンハウス)」など、“大人がくつろげるバーガーカフェ”をコンセプトに全国展開しています。
おいしくて身体にいいものを、ていねいに手作りする。フレッシュネスバーガーの基本をこれからも続けていきます。
お客様もスタッフもあなたも、みんな笑顔になるカフェを一緒につくりませんか?

インタビュー

事業推進本部 Kスーパーバイザー(正社員) 事業推進本部
Kスーパーバイザー(正社員)

「オシャレなお店」で働けることが嬉しかった!

フレッシュネスで働き始めたのは、高校生のとき。FC店の店長をしていた兄から「手伝ってほしい」と声をかけられたことがきっかけです。「オシャレなお店だな」と憧れていたので、そこで働けることが嬉しかったですね。それから7〜8年、他の仕事と掛け持ちしながらアルバイトを続け、FC店の店長代理などを経験した後、25歳のときにフレッシュネスに入社しました。正社員として直営店の店長を2店舗任され、今はスーパーバイザーを担当しています。

自分のことよりも、人の成長が喜びに。

アルバイトをしていたときは、単純に接客が楽しくて、自分が褒められたり、感謝されたりすることがモチベーションになっていました。それが、店長、スーパーバイザーへと立場が上がるにつれて、自分自身のことよりもスタッフや店長を育てることに喜びを感じるように変わってきました。「どこどこの店舗がうまくいっている」という話を聞くと自分のことのように嬉しいですし、人の成長に関われるのは本当にありがたいことだと感じています。

子育ての経験を活かし、ブランドの成長に貢献していきたい。

出産を経て、現在は時短制度を利用して働いていますが、子育ての経験が活かせることがたくさんあります。例えば、これまでキッズのセットメニューはまとめて出すのが当たり前だと思っていましたが、「ドリンクだけでも先に出した方が親御さんは助かるだろうな」と気が付けるようになりました。これからも、自分にできる形でフレッシュネスの成長に貢献していきたいですし、自分の経験を活かしてより女性が働きやすい職場にしていきたいと考えています。

聖路加タワー店 H店長(正社員) 聖路加タワー店
H店長(正社員)

お店ごとに「個性」を出せるところが魅力。

大学の4年間、コーヒーチェーンでアルバイトをしていました。当時からフレッシュネスバーガーはよく利用していて、店舗の雰囲気も接客スタイルも「お店ごとに違いがあって面白いな」と感じていました。アルバイト先ではPOPやオーナメントはすべての店舗で統一されていましたが、「フレッシュネスなら自分の個性を活かせそう!」と思い、入社を決めました。入社後はオープニングスタッフとして聖路加タワー店に配属され、半年後から店長を任されています。

一番思い出に残っている、クリスマスの飾り付け。

実際に自由度がとても高く、自分のやりたいことをどんどん実現させてもらっています。いつも季節のイベントに合わせて手づくりでお店を飾っていますが、クリスマスの時期には子どもたちに星形の紙に願い事を書いてもらってツリー全体に飾りました。このアイデアは、お客様に楽しんでいただくことはもちろん、普段忙しくてお客様と話せないスタッフたちのために、お客様と会話をするきっかけをつくりたいと思って実施しました。みんなに喜んでもらえて嬉しかったですね。

フレッシュネスのことをもっと好きになってほしい。

スタッフにはフレッシュネスが大事にしていることに共感し、常に仕事を楽しんでほしいと思っています。フレッシュネスで働いたことが、良い思い出として記憶に残ってくれたら嬉しいですね。今後新しい試みとしてやってみようと考えているのは、フレッシュネスバーガーについて書かれた本の中から、毎月誰かにトピックを選んでもらい、その内容を店内に掲示すること。スタッフにブランドのことをより深く知ってもらい、もっと好きになってほしいと思っています。

横浜西口店 O副店長(正社員) 横浜西口店
O副店長(正社員)

他社に就職後、1年半でフレッシュネスに復帰。

大学2年生のときに新秋津店のオープニングスタッフとして働き始め、卒業するまでフレッシュネスでアルバイトをしていました。大学卒業後は広告代理店に就職し、法人営業を経験しましたが、どうしてもお客様のお役に立てている実感が持てず、やりがいを感じませんでした。やっぱり「お客様に直接喜んでいただける仕事がしたい!」と思い、1年半で会社を辞めてフレッシュネスにアルバイトとして復帰。半年後に正社員になりました。

近い距離感でお客様に関われることが、大きなやりがいに。

フレッシュネスの魅力は、チェーンでありながら、人の「温かみ」や「手づくり感」を大事にしていること。レジとキッチンが分かれていないので、お客様と会話をしながら注文を受け、自分で作って提供することも可能です。こうした近い距離感でお客様と関われるところにやりがいを感じています。また、店舗ごとに個性を発揮できるのも大きな特徴です。私もアルバイト時代にさまざまなアイデアを店長に取り入れてもらいました。ぜひその楽しさを感じてほしいですね。

「ブランドを体現している人」になりたい。

これまで既存店の店舗運営だけでなく、新店オープニング時のスタッフ教育やサポートなども経験しました。将来的にスーバーバイザーになるかトレーナーになるかは決めていませんが、とにかく私はフレッシュネスが大好きなので、これまでブランドが大切にしてきたものを守っていきたいと思っています。どのような立場になっても、私を見ればフレッシュネスが大切にしていることがわかる。そんな「ブランドを体現している人」になりたいですね。

インセンティブ

フレッシュネスには、店舗やスタッフ個人の努力やパフォーマンスに対して、様々な評価、表彰制度があります。

【 表彰一例 】
チームFBコンテスト
ハロウィンディスプレイコンテスト
イラストコンテスト
新商品キャンペーン
最優秀店舗賞、優秀店舗賞
ホスピタリティ賞